競争曲線(ケースの統合)

「イノベーションのジレンマを読んだことがありますか?」とお聞きし「読んだことがあります」とのことでしたので、私の考案したツール「競争曲線」をお見せして「これがイノベーションのジレンマの形です」と説明しましたら驚いていました。「水平攻撃」が出るというのがイノベーションのジレンマの「形」です。
さらに、同じツール(競争曲線)を使って、これがベンチマークの時の「形」、これがハーレーやジッポーなどの老舗の「形」・・・と説明しましたらさらに驚いていました。
「同じツール」をつかって「異なるケース」を説明することにより、ケース間での戦略の違いが明確に現れるのです。
また、似たようなケース・戦略では似たような「形」が現れるということを、競争曲線を通して、視覚的に見ることができます。
このツールを「動的SWOT分析」として、実戦で使用すると効果抜群です。

第1章 競争曲線

  1. 1-1 競争のビジュアル化
  2. 1-2 競争曲線の基本型

第2章 安定の理論

  1. 2-1 変えない・・・・バチカンの衛兵のように(逆赤の女王仮説)
  2. 2-2 神田の蕎麦屋・・・老舗の競争戦略
  3. コラム サメとイルカとイクチオサウルス・・・競争戦略の収斂
  4. 2-3 ロレックス vs クオーツ・・・ローテクの逆襲
  5. コラム 非競争的攻撃・・・オマケによって受ける攻撃
  6. 2-4 ハーレーダビッドソン・・・天才の逆説
  7. 2-5 自社における安定の理論(弱みの領域の部分的安定)
  8. 補足 老舗大国ニッポン その1
  9. 補足 老舗大国ニッポン その2

第3章 新兵器の理論

  1. 3-1 アスクル vs コクヨ・・・水平攻撃(イノベーションのジレンマの仕組み)
  2. 3-2 アマゾンに対する業界トップ紀伊国屋の対応

第4章 改善・改良の理論

  1. 4-1 ベンチマークとは
  2. 補足・・・コピーキャット(模倣戦略のあれこれ)
  3. 4-2 誤ったベンチマーク批判・・・ベンチマークと差別化は同居できる
  4. コラム 棒状の競争曲線
  5. 4-3 ベンチマークの正しい調理法
  6. 4-4 マイクロソフトvsアップル

第5章 退化の理論

  1. 5-1 退化の理論
  2. 5-2 トレードオフと集中・・・経済学の観点からの再考
  3. 5-3 フォーカス

第6章 競争曲線を実際に使ってみる

  1. 6-1 競争曲線の作成法
  2. 6-2 競争曲線とSWOT分析・・・ダイナミック(動的)なSWOT分析
  3. 6-3 競争相手が見えない
  4. 6-4 経営・管理・作業 経営におけるグレシャムの法則
  5. 補足 ブルー・オーシャン戦略の価値曲線との違い(T君からの質問に答えて)

戦略論の統合

競争曲線(ケースの統合)

第1章 競争曲線

第2章 安定の理論

第3章 新兵器の理論

第4章 改善・改良の理論

第5章 退化の理論

第6章 競争曲線を実際に使ってみる

経営マンダラ(マンダラチャート)

戦争の理論と企業間競争

その他