補足・・・コピーキャット(模倣戦略のあれこれ)

コピー(模倣品・海賊版)
本物をそっくりそのままコピーしたものから、デザインや商標などがかなり似ているものまである。


写真は中国(上海)で撮影した床埋め込み式コンセント。商標はNaitenalと日本のメーカーの名前にかなり近い。メッキがはげて使い込んでいそうにみえるが実は1年も経っていない

リバース・エンジニアリング
他社の製品などを分解・分析する行為。他社の技術水準などを知る上で必要である。リバース・エンジニアリング自体は合法であるが、これによって得られる技術情報などを利用すると知的財産権(特許、著作権、意匠権など)侵害となる。

リーダーの同質化とフォロワーの模倣
企業(マーケット・プレーヤー)は業界の地位という観点から次のように分類される。
・マーケット・リーダー
業界最大手企業
・チャレンジャー
業界2位、業界3位の準大手でリーダーになろうとする野心を持っている。
・フォロワー
業界追随者。リーダーになろうとするよりはリーダーに追随することを選択。
・ニッチャー
ニッチな分野(小規模市場)でリーダーになる。
チャレンジャーはリーダーに対して差別化で挑戦する。リーダーはチャレンジャーの差別化に対して同質化(同じような製品を出すこと)でチャレンジャーの差別化を無効にしてしまう。
フォロワーはリーダーやチャレンジャーを模倣することにより開発費を節約する。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戦略論の統合

競争曲線(ケースの統合)

第1章 競争曲線

第2章 安定の理論

第3章 新兵器の理論

第4章 改善・改良の理論

第5章 退化の理論

第6章 競争曲線を実際に使ってみる

経営マンダラ(マンダラチャート)

戦争の理論と企業間競争

その他