7 金剛界マンダラの構造

経営マンダラは金剛界マンダラの様式を踏襲しますので、金剛界のマンダラの構造をみてみましょう。
それぞれのブロックにはそれぞれ・・・大日・阿閦・宝生・阿弥陀・不空成就・・・などの仏様が配されているのですが、密教の仏様の名前は、とても覚えられそうもありません。
まあこんな感じかという程度でやめておきましょう。
マンダラに向下門と向上門を矢印で示しておきました。1.向下門中央の成身会から下の三昧耶会に入り、時計回りで、最後に降三世三昧耶会に至る。これは仏が衆生を教化に行くことをあらわしている。

2.向上門

向下門とは逆の動きもある。右下の降三世三昧耶会から上の降三世会に入り、三昧耶会まで反時計回りに進み、最後に成身会に至る。

これは衆生が仏になる為に向かう修行のありかたをあらわしている。

(図解曼荼羅の味方 小峰彌彦著 大法輪閣 1997年7月 p146-147参照)

 

胎蔵マンダラでは大日如来の徳が同心円的に外に向かって放射状に拡がり衆生を救済する構造が示されている。胎蔵マンダラをみてみましょう。

 

マンダラチャートの提唱者である松村氏は中心の課題を放射状に展開しています。
(マンダラチャート 松村寧雄著 青春出版社2007年12月 p6-9)
つまり、胎蔵マンダラ的発想も取り入れているとうことです。これは逐次処理と並列処理、あるいはちょっと意味合いが異なるがシーケンシャルアクセスとランダムアクセス、あるいは階層と全体(結構サイモン的です)の双方を併せ持つということです。



このように放散的に発想を広げられるということも経営マンダラのメリットです。逐次処理ですと、途中でつまずいたりすると、そこから先へ進めません。
それに、経営というものは全体として動いていくものですので、放散のみならず求心も必要です。

  1. 7
    . カグヤ男子 さん
    2014年12月29日11:50 ID:ODgwNTU5O

    グルグル回って、アメーバーのように放散、求心もする。あまり考えずに実行して、行動しながら考えている自分のような人間にはピッタリかもしれません。矛盾だらけの行動をマンダラで確認、修正します。

  2. 6
    . さん
    2014年12月18日11:28 ID:Mzk3OTU1N

    マンダラチャートが、「動」の中で、効果を発揮するということでしょうか?!自然界には一定の原理があり、自然とその動きに照らし合わす効果がある気がいたします。勉強不足で申し訳ありません。

  3. 5
    . 小泉伊久治 さん
    2013年9月27日00:09 ID:MTAzMzgxN

    マンダラの知識のひとつとして、勉強になりました。

  4. 4
    . 富田浩司 さん
    2012年9月19日20:41 ID:NDE5ODQxM

    >放散のみならず求心も必要です。

    しがらみが無い自由な発想が良いですね

  5. 3
    . 中野yotsu さん
    2012年6月11日11:53 ID:MjIyOTY3O

    求心が最も大切だと思っていました(;゚Д゚)!

  6. 2
    . 井荻DK さん
    2012年5月20日23:37 ID:NDQ1OTA1N

    ここのコラムは、勉強会に出た事で少しは理解が出来た!?っと思ってます。

  7. 1
    . 馬場WATCH さん
    2012年5月19日01:10 ID:Mzc1MDUzO

    向下門で経営マンダラを作成していきますが、なんだか字で見てしまうと、下へ向かう門 っていうのも何だか・・・・ねぇ?!

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。