10 連想キーワードによる経営マンダラの作成

たぶんこれは禁じ手なのかもしれません。
本来、経営マンダラは経営者の自由な発想によって作られるべきものでしょう。

 

連想法には「自由連想法」と「強制連想法」があります。
連想キーワードは「強制連想法」に属し、あくまでも発想の補助として使用するのが目的なので、キーワードに縛られることなく、むしろ自社のキーワードを作成するくらいの気持ちで使用してください。

 

自由連想法

ある言葉(刺激)に対して自由な考えを連想していく方法。当初フロイトなどによって精神分析の立場で利用された。映画やテレビで患者がリラックスした状態で精神分析医がある言葉(刺激)を与え、患者が発した言葉をもとに、患者の精神状態を分析していくというシーンを見た方は多いと思われます。

ここでは経営に関するテーマ(刺激)に関して経営者が自由に連想していきます。自由連想は電車の中、風呂の中でもでき時と場所を問わない。「いつでもどこでも経営」ができるのです。

なお自由連想を集団で行うにはブレーン・ストーミング等があります。

 

 

強制連想法

強制連想法はチェックリスト法に代表されます。

チェックリストは旅行携帯品リストのように忘れ物、ミスの防止のための「消極的」なものが主なのですが、新しい発想の展開のための「積極的」なものもあります。

もちろん、ここでは次のように「積極的」な連想法として使用します。

  キーワードから連想される経営課題(何を変えるか)

           ↓

  経営課題についてのあるべき姿(何に変えるか)

           ↓

  あるべき姿になるための具体的方法(どのように変えるか)

 

連想キーワードの使い方

ステップ1 連想キーワードを広げる

まず連想キーワードのうち自社に関係のありそうなものに○を付ける。

         ↓

自社独自のキーワードを追加する。

この段階はアイデアを広げる段階なのでキーワードが多くなっても気にしない。

 

ステップ2 連想キーワードから具体的な課題を連想する

連想キーワードから連想される具体的な行動(ここでは課題という)をイメージする。
注意
①連想キーワードをそのまま使わない。
否定的な言葉は使わない。何か問題があったとしてもそれを解決すればビジネスチャンスにつながるからである

 

ステップ3 課題を評価し選択する

経営資源には限界があり全ての課題を実行できるわけではない。そこで課題の重要性、緊急性、実行可能性などの戦略的重要性の観点から選択・絞込みを行う。

 

 

営業関係

テーマ

連想キーワード

営業 新たな営業方法既存顧客と新規顧客潜在需要顧客特性

細分化

重要得意先の内容と比率

クレーム防止

クレーム処理

顧客アンケート

固定客との連携度

営業マン一人当たり売上、粗利

移動時間の短縮

接客態度

同業他社との比較

シェア

納期

セールストーク

営業マニュアル

客単価

顧客回転率

顧客データ

見込み客リスト

サンプルの充実

技術革新

ユーザーニーズの変化

法律・制度の変更

ビジネスモデル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

テーマ

連想キーワード

店舗・営業所 商圏地域特性と商品構成立地条件店舗レイアウト(店内外装、什器備品)

看板

店舗名

店長・販売員

接客態度

同業他社

新規出店

投資の回収

家賃

入りやすさ

不採算店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

テーマ

連想キーワード

広告・販売促進  計画的な販売促進活動キャンペーン展示会チラシ フライヤー

媒体利用

試食 試用

タイムサービス

パンフレット

名刺

認知度のアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
フライヤー flier、アメリカ英語 飛ぶように配られる印刷物 = チラシ

テーマ

連想キーワード

商品(サービス)企画 ネーミング商品構成と品揃え品質包装

商品差別化

主力商品

ブランド開発

代替品

特許

売価設定

消化率

企画担当の質

同業他社との比較

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

テーマ

連想キーワード

物流・在庫 物流コスト物流センター過年度品棚卸

店舗間移動

欠品

在庫回転期間

 

 

 

 

 

 

 
 

 

テーマ

連想キーワード

仕入 発注体制納期管理仕入価格納入業者

外注

OEM

安定供給

仕入先の開発

支払条件・方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

テーマ

連想キーワード

情報 ITホームページ顧客情報管理クリック数

検索上位の工夫

 

 

 

 

 

 

 
 

テーマ

連想キーワード

生産 技術スピードコスト削減外注

設備投資

投資の回収

5S

制約条件

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

テーマ

連想キーワード

組織・従業員 組織風土配置年齢構成人材

教育研修

人事システム

賃金基準

労使関係

能力開発や知的財産

適正人員

ミーティング

仕事の分担

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

テーマ

連想キーワード

地域社会への貢献 協調協力伝統行事・祭事への協力 

 

 

 

 
 

その他

テーマ

連想キーワード

資産・設備 有効利用 

 

 
コストパーフォーマンス 販売費 一般管理費 営業外費用  
その他 会社固有の重要課題 

 

 
 

  1. 8
    . カグヤ男子 さん
    2014年12月31日11:27 ID:OTQxMDM3O

    これだけ細分化していただけると助かります。
    見直しの際には、参考にさせていただきます。

  2. 7
    . さん
    2014年12月22日08:28 ID:NDQ1MTc1M

    前回のバランススコア―カードと今回の連想キーワードを組み合わせるとより深みが増す気もしますが、わけが分からなくなる心配もします。ただ、見直す時の良い視点として参考にさせて頂きます。

  3. 6
    . 小泉伊久治 さん
    2013年9月27日00:24 ID:MTAzMzgxN

    禁じ手かもしれませんが、参考にさせていただきたいと思います。

  4. 5
    . 富田浩司 さん
    2012年9月19日20:50 ID:NDE5ODQxM

    自由連想法が好きです。

  5. 4
    . 中野yotsu さん
    2012年6月11日14:15 ID:MjIyOTY3O

    これ言うと怒られそうだけど・・・「なれるといらないかな~」(^^)

  6. 3
    . 井荻DK さん
    2012年5月23日21:58 ID:NTExMTQwO

    これがなければ、手が動かない側の人間です。ありがたや。もう一通りコラムを読み、実際に書き出し準備します!

  7. 2
    . 馬場WATCH さん
    2012年5月19日01:32 ID:Mzc1MDUzO

    連想キーワードでピックアップ中、”地域社会への貢献”をしていないことに昨日気づきました。しかしその地域近辺で食事したり買い物したりが地域活性化への貢献とも言える気が・・・・・

  8. 1
    . 管理人 さん
    2012年4月27日16:51 ID:NTI0OTE2N

    自己コメントです
    この連想キーワードは4年~5年前に、それまでの皆さんのマンダラに書かれたキーワードに、コトラーなどの本からひっぱてきたものを加えたものです。
    全てのマスに対応させようとすると、経営マンダラのマスが足りなくなります。マンダラの中心を除く8マスが全て埋まるように11に分類しています。
    これなら、全て埋まるでしょう???

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。