ハードディスクの換装 HDDからSSDへ

今まで使用したレッツノートのHDD(ハードディスク)を全て交換してきました。
(マザーボードではなくCPUを交換するなど)パソコンのプチ改造が管理人の趣味です。

ノートブックのHDDの交換は結構大変で、ビスを20個くらい外して、キーボードまで剥がして、躯体の奥の奥まで辿り着かなければなりませんでした。
今年の4月に、義兄のDELLのノートブックが壊れ、修理のためHDDを交換したときは、液晶まで外さなければ辿り着きませんでした。
ほとんどパソコンを半分解しなければHDDの交換ができなかったのです。
(外したビスは、小皿を何枚か並べておいて、ステージごとに分けて取っておくというのがコツです)

昨日、私の愛機レッツノートCF-S10のHDDの交換をネットで検索したら
「おや?簡単そうwww」
電池を抜いて、ビスを2つ外すだけ。

2年間の使用で、パソコンが随分と重くなってきたので、3日前に(ウィンドウズほか全てのファイルを)再インストールしたばかり・・・ということは再インストールする準備は全て整っているということ・・・

ここは勢いで、再インストールついでにHDDからSSDに交換してしまえ!!!
とヨドバシカメラに行って512GBのSSDを買ってきました(昨日のこと)。

SSDの入っていた「箱」



これはSSDの入っていた箱です。SSDの本体は写真を撮る間もなく、あっという間にパソコンの中に入ってしまいました。
・・・54200円!!・・・まだ高いですね~
でも、パソコンの再インストールは事前準備が大変です。この機会を逃すとあとはない。

換装後の第一印象は・・・
「ハヤ~!!!」
サクサクというのはこういうのをいうのですね。
4倍程度は速くなったみたいです。
別のパソコンに生まれ変わったという感じで、換装した甲斐がありました。

パソコンの立ち上げの時間が、約25秒。これにはパスワードを打ち込む時間も含まれます。
ちなみに、ソフトとデータは復旧済み。SSDの200Gを使用している状態で、パソコンはそこそこ重くなっています。
また、HDDではウィンドウズが立ち上がってからも、しばらくHDDがチカチカ動いて、インターネットなどのソフトを使うのにしばらく時間がかかりましたが、この25秒というのはインターネットなどが使用できる状態にまでなるということです。
ノートブックを閉じるとスリーブ状態になります。蓋を開けると再起動するのですが、このスリーブ状態から再起動までの時間が何と10秒弱(パスワードの入力時間を含みます)!!!
私はパソコンをスリーブ状態で持ち運びますので、カバンから出すと即!使用可能ですね。

シャットダウン→再起動 所要時間のその後
この10日間で、eltax(地方税の電子申告)のためにjavaを入れたり、IE10→IE9にダウングレードさせたり(・・・そんな必要はなかったみたい)しましたら、レジストリにゴミがたまったのでしょうか?、再起動までの所要時間が45秒までに延びてしまいました。
スリーブからの再起動は相変わらず「あっという間」です。


ノートブックのHDDを交換する人は少ないと思いますが、以下注意点を・・・
・ネットからダウンロードしたソフトのシリアルNO.などをエクセルにひかえる。
・認証が必要なソフトのシリアルNO.などの情報もエクセルにひかえる。
・IEのお気に入りに登録されている、お気に入りのhttpをエクセルにひかえる。
・インストールするソフトのCD(DVDかな)を全てそろえる。
事前準備が結構大変です・・・段取八分ですね。

あ・・それと再インストール用のDVDから起動できるようにシステムを変更するのをお忘れなく(・・意味が分からない方は換装はあきらめた方がいいかもです)

ホントは一押しなのですが、SSDの値段がまだ高いのと、パソコンの再インストールをしたことがない方にはお勧めできません・・・
「策を弄したものは自らその責を負う」というのが私の信条です。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。